11 19 火曜日
本場開門時間10:00
  • 本場
    スポーツ報知杯争奪戦
  • 場外
    桐生 SG   宮島 GⅢ   大村 一般   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    桐生 SG   宮島 GⅢ   江戸川 一般   常滑 一般   鳴門 一般   下関 一般   大村 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

日本財団会長杯

9月13日(金)・14日(土)・15日(日)・16日(月)

遠征勢は強力布陣だが、地元の鳥飼眞が久しぶりの地元Vへ気合!

今シリーズは4日間の短期戦。予選2日間の準優制で優勝を争う。前回7月マスターズリーグで準優勝の鳥飼眞が、ここも地元の看板を背負って気迫の攻めに出る。今期勝率は7点ペースとリズムも上々で、6年8カ月ぶりの地元Vをファンは待ち望んでいる。遠征勢も強力メンバーがそろった。昨春の当地戦で全24場制覇を達成した重野哲之と昨年末の当地戦では優勝戦6号艇から準優勝の秋山直之の同期コンビや、当地V6実績を誇る山室展弘、当地で記念すべき自身初優出を決めた永田秀二ら当地巧者が、鳥飼にとって脅威となる。ほかにも、近況好リズムの松下一也が、7月に徳山と戸田の準優勝でさらに勢いづく。中村尊、川尻泰輔、森永隆はパワー勝負で上位に食い込むか。現在A2級の渡邉睦広だが、当地は最近3節で優出2回と好走が続く。特に当地前回の昨年8月戦は、優勝戦1号艇の田中信一郎を相手に強烈なまくりを決めて優勝している。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3070 山室展弘 (岡山)
  • 3703 鳥飼眞 (福岡)
  • 3995 重野哲之 (静岡)
  • 3996 秋山直之 (群馬)
  • 4207 松下一也 (静岡)
  • 4430 永田秀二 (東京)
福岡支部の注目選手

4355 小川広大

アドバンテージを生かし穴党を喜ばせる

お盆戦に続く2カ月連続参戦のアドバンテージを生かして、高配当の使者になる。お盆戦前には「最近は全然1着が取れない。7月江戸川でも先頭を走っていて抜かれちゃって…。」とリズムの悪さを口にしていた。それでも「道中は粘り強く着を拾えている」と自身のアピールポイントは健在で、正月戦では2、3着を並べて舟券に貢献した。お盆戦ではその粘り強さを発揮できなかったが、4日目に4コースからまくり差しを決めて3万円台の大穴を提供。6月尼崎以来、28走ぶりの白星に「正直、ホッとした」と安どの表情を見せた。「お盆では良い調整ができたときは出足が良かった。今回経験したことを次に生かしたい」。今シリーズに向けての準備はできている。レーススタイルはスタートで勝負するタイプではなく、活躍するには伸び足よりもレース足が必要となる。「出足や回り足が良い」とのコメントが出れば、内枠なら1着、外枠なら2、3着で狙いたい。