08 19 土曜日
本場開門時間10:00
  • 本場
    日本財団会長杯
  • 場外
    尼崎 GⅢ   宮島 一般   からつ 一般   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    尼崎 GⅢ   平和島 一般   常滑 一般   宮島 一般   からつ 一般   蒲郡 一般   下関 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

日本財団会長杯

8月19日(土)・20日(日)・21日(月)・22日(火)・23日(水)・24日(木)

絶好調の山田康二が主役担う!中野次郎、林美憲、柴田光もV候補

今期絶好調の山田康二がシリーズの主役を務める。今期初戦のびわこ一般戦を制し、6月江戸川G1で優出。続く常滑G2で特別戦初制覇を飾り、来年3月の浜名湖SGクラシックの出場権を獲得。その後も宮島G3ウエスタンヤング、からつ一般戦で優出と勢いは止まらない。また、福岡水面も大得意。15年8月一般戦で当地初優出初優勝を達成し、続く15年12月G3戦でも優出。まずは福岡一般戦での3連続優出を目指す。対抗格は中野次郎で特別戦でも予選落ちが少なく安定感が光り、一般戦では格上の走りで常に優勝争いを演じる。柴田光と林美憲は積極的なコース取りでスローを確保。機敏なレース運びで上位進出を外さない。尾嶋一広と小坂尚哉の兵庫支部コンビも優勝候補。尾嶋はターンセンスに目を見張るものがあるし、小坂は果敢なスリット攻勢で見せ場を作る。地元勢は沖島広和が遠征陣に立ち向かう。安東幸治や下河誉史も走り慣れた強みを生かす。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3532 柴田光 (群馬)
  • 3743 林美憲 (徳島)
  • 4075 中野次郎 (東京)
  • 4295 小坂尚哉 (兵庫)
  • 4472 尾嶋一広 (兵庫)
  • 4500 山田康二 (佐賀)
福岡支部の注目選手

4122 安東幸治

5月戦準Vの安東幸治が地元初V目指す

今シリーズの地元勢は沖島広和に大きな期待が懸かるが、注目は今年4回目の参戦となる安東幸治。過去3節はすべて予選突破を果たしている。前回5月戦は予選をオール3連対でクリアして準優1号艇を獲得。その準優勝戦もしっかりと逃げ切って福岡3回目の優出に成功。優勝戦も3コースから果敢に攻めて準優勝を飾るなど、近況当地戦では活躍が光る。彼の最大の特徴は安定感あるレーススタイルだろう。級別だけを見るとA2級、B1級を行ったり来たりと波があるタイプに見えるが、勝率は8期連続で5点台をマークしている。これに勝負強さが加われば、勝率6点台に乗せる実力は十分にある。安東の買い時は初日から展示タイムが出ている時で、展示タイムトップなら高い確率で上位着が期待できる。これまで優勝は09年戸田、16年下関と2回あるが、地元での優勝はない。まずは当地2連続優出を目標に、地元初優勝を目指して得意水面を駆け抜ける。