06 24 土曜日
本場開門時間10:00
  • 本場
    九州プロレス杯
  • 場外
    鳴門 SG   常滑 GⅢ   からつ 一般   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    鳴門 SG   常滑 GⅢ   三国 GⅢ   徳山 一般   からつ 一般   住之江 一般   若松 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

九州プロレス杯

6月21日(水)・22日(木)・23日(金)・24日(土)・25日(日)

実績上位の佐々木康幸が優勝候補!地元は勢いある羽野直也に注目

今節は5日間のミドルシリーズ。佐々木康幸が主役の座を担う。17年後期は勝率7.00オーバーと好リズムで、福岡通算勝率も今節トップの7.06をマークしている。前回2月戦は低調モーターに泣かされて優出漏れとなったが、当地戦では5優出3優勝と勝負強い走りを見せている。渡邊雄一郎も福岡水面はドル箱で、一般戦では5連続優出中。つねに快速仕立てでモーターパワーで優位に立っている。地元勢はエース格の出畑孝典に期待が集まる。地元戦はSG、G1での優出経験があり、優勝5回の実績を誇る。不安な点があるとすれば近況リズムの悪さだろう。そのリズムなら羽野直也が断トツで、7月からA1級昇格を決めている。福岡水面は地元ながら走る機会が少なくうねりに手を焼くシーンも考えられるが、いまの勢いなら一気に主役候補に躍り出ても不思議はない。また、女子では淺田千亜希、岩崎芳美、新田芳美の徳島支部トリオが上位進出を狙う。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3909 佐々木康幸 (静岡)
  • 4184 渡邊雄一郎 (大阪)
  • 4278 藤岡俊介 (兵庫)
  • 4682 大上卓人 (広島)
  • 4831 羽野直也 (福岡)
  • 3645 淺田千亜希 (徳島)
福岡支部の注目選手

4831 羽野直也

勢い加速中の羽野直也が地元水面で躍動

17年後期適用勝率で初のA1級昇格を決めた羽野直也が約2年ぶりとなる福岡水面に登場。うねりを克服できるかが焦点となりそうだが、15年7月戦では最終日に福岡初1着をマークしておりイメージは悪くないはず。羽野は的確なスリット攻勢から1マークまでに優位な隊形を作れるのが最大の武器。スピード満点のレースで自在に立ち回り上位進出が期待できるし、展開をしっかりと見極められるから大敗が少なく勝率アップに繋がっている。また、期が替わってからも勢いは止まらず、5月の芦屋GW戦でGP覇者の瓜生正義を破る大金星を挙げてデビュー2回目の優勝を飾った。続く丸亀一般戦で優出3着とすると、住之江ルーキーシリーズでは王道レースで今年2回目の優勝。この優勝により、今年の最優秀新人賞争いをリードしていた同じ福岡支部の仲谷颯仁に追い付いた。このまま一気に賞レースをリードするためにも、今節は大事なシリーズになる。