07 27 火曜日
本場開門時間
  • 本場
    本日の開催はありません
  • 場外
    本日の場外発売はありません
ペラボート福岡開場時間
  • 外向発売
    本日の発売はありません
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

お盆特選レース

8月13日(金)・14日(土)・15日(日)・16日(月)・17日(火)・18日(水)

注目の新モーター初戦は、篠崎元志と岡崎恭裕の一騎打ちが有力!

優勝争いをリードするのは、実績上位の篠崎元志と岡崎恭裕だ。篠崎は今年V3と上り調子で、勢いのまま当地5年ぶりの優勝へ突っ走る。一方の岡崎は、2年連続で当地推薦での蒲郡メモリアル出場を控える。こちらも近況リズムは上々で、両者が激突する初日ドリームは一見の価値あり。2日目ドリームの1号艇に指名されたのは大山千広。当地はデビュー初Vに、混合G1でも優出歴が光る得意水面だ。地元水面では常に好走する白水勝也、中辻崇人、枝尾賢、松崎祐太郎らも優勝候補の一角。さらには攻撃的な走りで見せ場を作る益田啓司、松村敏、奈須啓太、石倉洋行に加えて、男子相手でも力負けのない竹井奈美も上位進出を外さない。また、1カ月ぶりの開催となる今節は、新モーター、ボート、プロペラで行われる。これまでは航走タイムの良かったモーターが、そのまま好素性機へと繋がる傾向。今回も航走タイムトップ3の「24」、「13」、「36」に注目を。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 4148 枝尾賢 (福岡)
  • 4236 松村敏 (福岡)
  • 4296 岡崎恭裕 (福岡)
  • 4350 篠崎元志 (福岡)
  • 4556 竹井奈美 (福岡)
  • 4885 大山千広 (福岡)
福岡支部の注目選手

4549 小林文彦

絶好調モードの勢いに乗って初優勝へ!

デビューからここまで事故禍で悩んでいる印象があり、2021年前期審査期間には高い事故率を抱えて勝率も4点割れに。しかし2021年後期審査期間は事故が減ったことで、勝率も5点台に乗せた。これまでA1級を含めて8期間でA級経験のある小林にとっては、まだまだ本調子とは言えないが、復調の兆しを見せていることは確か。期が替わった2022年前期審査期間はさらに勢いを加速させており、7月中旬現在は勝率7点台マークと絶好調。まだ事故点を抱えていないことが大きな要因で、消極さを微塵も感じさせないレースぶりを見せている。今期はまだ2カ月以上残っているが、この調子なら2017年前期審査期間に残した自己最高勝率の6.27をはるかに更新する可能性は十分にあり、10期ぶりのA1級復帰にも期待ができる。さらにはデビュー初Vへの機運も高まるばかり。悲願達成へ向けて、初日からエンジン全開で臨む。