10 20 水曜日
本場開門時間10:00
  • 本場
    大阪発刊40周年記念 日刊ゲンダイ杯
  • 場外
    江戸川 GⅠ   津 GⅡ   芦屋 GⅢ   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    江戸川 GⅠ   津 GⅡ   芦屋 GⅢ   丸亀 GⅢ   多摩川 一般   福岡 一般   若松 一般   大村 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

大阪発刊40周年記念日刊ゲンダイ杯

10月15日(金)・16日(土)・17日(日)・18日(月)・19日(火)・20日(水)

寺田祥が当地初Vへ!地元の中辻崇人、渡辺浩司、古澤光紀が迎撃

今年も4月津周年でG1制覇を決めた寺田祥が、一般戦のここは格の違いを見せつける。近年の当地戦は67周年での優出をはじめ、66周年では準優1号艇を獲得。さらに今年3月のSGクラシックは優出こそ逃したが、予選をトップ通過したのは記憶に新しい。当地初Vを決めて、全24場制覇へのマジックを「4」に減らす。中辻崇人、渡辺浩司、古澤光紀の地元A1級トリオが迎え撃つ。中辻は地元屈指の水面巧者で、過去にはG1を含めて10連続優出の実績が光る。一方の渡辺と古澤は、次走に平和島ダービーを控えている点が安定した活躍の証明となる。渡辺は自身4年ぶりのSG出場、古澤はSG初出場とあって、ともに地元水面でリズムを最高潮に持っていく。変わらず活発な攻めを見せる立間充宏も上位の一角。山下和彦は近況こそ精彩を欠くが、当地は通算V3と好相性で、通算勝率も遠征勢では寺田に次ぐ2位だ。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3562 山下和彦 (広島)
  • 3717 立間充宏 (岡山)
  • 3942 寺田祥 (山口)
  • 3876 中辻崇人 (福岡)
  • 4256 渡辺浩司 (福岡)
  • 4522 古澤光紀 (福岡)
福岡支部の注目選手

4588 田中京介

走り慣れた地元水面で上昇気流に乗る!

2022年前期審査期間は、当地GW戦の3走目にコンマ13の非常識Fと最悪のスタートに。「期初めのFもだけど、前期末の4月びわこでもFを切っていたので、それもキツかった」。2節連続Fの影響はかなり大きく、新期勝率は5点割れと精彩を欠く。それでも「最近はスタートが行けないので、道中のさばき勝負に割り切っている。リズムが戻っているとは言えないけど、自分の調子自体は良くなってきていると思う」と話すように、当地お盆戦では2勝を挙げ、続く丸亀でも粘り強さを発揮して予選突破。9月びわこもコース不問の走りで連日舟券に貢献するなど、徐々に「らしさ」を取り戻しつつある。さらにリズムを上向かせるためにも、地元水面を多く走れるのはいい機会。「博多はいつも走らせてもらっているし、現行モーターは今節で3回目。来期以降につなげるためにも、結果を出したい」と気合も十分だ。地の利を生かしてペースアップを図る。