11 19 火曜日
本場開門時間10:00
  • 本場
    スポーツ報知杯争奪戦
  • 場外
    桐生 SG   宮島 GⅢ   大村 一般   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    桐生 SG   宮島 GⅢ   江戸川 一般   常滑 一般   鳴門 一般   下関 一般   大村 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

GⅠ

GⅠ福岡チャンピオンカップ 開設66周年記念競走

11月9日(土)・10日(日)・11日(月)・12日(火)・13日(水)・14日(木)

トップレーサー集結で見応え十分!地元エース・瓜生正義が中心!

今年も福岡チャンピオンカップに豪華メンバーが集結。初日、2日目の12Rでダブルドリームが行われる。初日チャンピオンドリームは、瓜生正義が1号艇で登場する。今年3月の津周年でおよそ2年ぶりのG1制覇を飾り、7月常滑オーシャンカップではSG10冠を達成。完全復活を遂げた地元エースが、16年ダービー以来となる地元Vへと突き進む。2日目ペラ坊ドリームの1号艇は毒島誠。こちらは9月大村でメモリアル連覇を成し遂げ、今年も夏場からリズム上昇中だ。この両者は、住之江グランプリのトライアル2nd1枠取りも狙える重要な一戦だ。ほかでは、5月当地オールスターで優出した桐生順平と茅原悠紀、当地SG優勝歴を持つ石野貴之、当地周年連覇の実績ある坪井康晴らは水面攻略に自信あり。トップ戦線で好調ぶりをアピールする今垣光太郎も侮れない。地元勢は前出の瓜生を含めて11名が出場。地の利を生かして優勝戦線に食い込むか。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3388 今垣光太郎 (福井)
  • 3783 瓜生正義 (福岡)
  • 4168 石野貴之 (大阪)
  • 4238 毒島誠 (群馬)
  • 4418 茅原悠紀 (岡山)
  • 4444 桐生順平 (埼玉)
福岡支部の注目選手

4350 篠崎元志

福岡G1&GP出場権のダブル取りへ!

3年ぶりのグランプリ復帰へ前進中だ。昨年5月の宮島G1で負傷し5カ月の休養を余儀なくされたが、復帰戦の10月蒲郡ダービーではいきなり優出の離れ業をやってみせた。B2級からの再出発となった今年は、一般戦で大暴れ。1月丸亀で9戦8勝のVを決めると、以降も1着を積み重ねて2019年後期の1着数は83本。これは97年前期に松田雅文氏が記録した82勝を22年ぶりに追い抜く偉業となった。A1に戻った7月から特別戦に復帰したが、浜名湖G2ボートレース甲子園は途中帰郷、続く8月びわこG1周年では未勝利で予選敗退と苦戦。しかし、大村SGメモリアルで節間4勝、住之江G1高松宮記念でも節間3勝を挙げ、完全に感覚を取り戻した。9月鳴門G1周年で準V、続く若松G1周年は予選を上位通過と存在感を示した。現在の賞金ランクは30位。さらに集中力を高めて、悲願の福岡G1初制覇&グランプリ出場を狙う。