06 01 月曜日
本場開門時間
  • 本場
    本日の開催はありません
  • 場外
    本日の場外発売はありません
ペラボート福岡開場時間
  • 外向発売
    本日の発売はありません
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

公営レーシングプレス杯

6月2日(火)・3日(水)・4日(木)・5日(金)・6日(土)・7日(日)

新勝率7点台と好調な前田将太、仲谷颯仁の地元コンビが優勝争う

地元大将格の前田将太がシリーズの中心に立つ。7月から適用の新勝率は7点台をマークする好調ぶり。その勢いは当地でも例外ではなく、今年出場した3戦全てで優出中だ。6月末には宮島SGグランドチャンピオンを控えており、地元水面でさらにペースアップを図る。同じ地元勢では、仲谷颯仁の勢いが断然だ。新勝率は自己最高となる7.52を残してA1級復帰を決めている。当地はSG、G1でも活躍を見せており、今回は前田撃破の一番手だ。当地2連続優出中と好走続く小池公生も侮れない。遠征勢では、近況も攻撃的な攻めがさえる大上卓人と、近況優出ラッシュと好調な白神優が地元勢に襲い掛かる。対照的に、中村亮太と村越篤は新期A2級で調子を落としているが、中村は5月大村GW戦で優勝し反転攻勢に出ている。村越も走るたびに優出する得意水面とあってリズムアップが可能だ。同じくA2級降級の北中元樹、川原祐明も奮起したいところ。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3907 村越篤 (香川)
  • 4070 中村亮太 (長崎)
  • 4504 前田将太 (福岡)
  • 4682 大上卓人 (広島)
  • 4713 白神優 (岡山)
  • 4848 仲谷颯仁 (福岡)
福岡支部の注目選手

3627 井上恵一

ベテランの意地で若手勢に食らいつく!

最近3期間は4点台の勝率しか残せず、優出も1年以上遠ざかるなど不振を極めているが、元々はA1級常連の実力者ということは地元ファンなら周知の事実だろう。当地4月戦では当地が誇るエース26号機を味方につけると、初日後半から3連勝の快進撃。予選5位で準優勝戦に進出した。結果は3着と優出まであと一歩だったが、最終日には連勝締め。最終的には節間5勝をマークして底力健在をアピールしたばかりだ。2020年後期審査期間の最終戦を良い形で締めくくれたことで、2021年前期の初戦となった芦屋GW戦では2勝、3着2本と幸先良いスタートを決めている。また今後のあっせんは、5月中旬に若松、そして今回と地元3連戦。さらにペースを上げるには願ってもいない状況と言える。若手屈指のスピード派がそろう今シリーズでも、4月戦と同じような力強い走りを見せられれば、まだ早いかもしれないが4期ぶりとなるA級復帰への期待は膨らむ。