01 16 土曜日
本場開門時間10:00
  • 本場
    日本モーターボート選手会長杯
  • 場外
    尼崎 GⅠ   浜名湖 GⅢ   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

アビスパ福岡杯

12月18日(金)・19日(土)・20日(日)・21日(月)・22日(火)

実績上位の市川哲也に、池永太と中辻崇人の地元コンビが迫る!

12月2節目は5日間のミドルシリーズ。全国でSG4回、G1は19回の優勝歴を持つ市川哲也は、当地でも2回のG1優勝歴を持つ。近況も各地で底力健在をアピール中だ。地元で負けられない池永太と中辻崇人が、打倒・市川に燃える。ともに当地実績は福岡支部内でも屈指の存在で、池永は過去に一般戦では8連続優出(うち2回の優勝)があり、一方の中辻も過去には10連続優出を誇る。上條暢嵩は11月桐生で、石丸海渡は11月鳴門でともに優勝。渡邉和将も11月芦屋で優出と、いずれも期が替わっても好調をキープ。この3名は当地でも安定した航跡を残しており、得意水面でさらに加速するか。ほかでは、深井利寿も安定した走りを見せているが、奥田誠と中越博紀は来期降級の憂き目に。半年でのA1級復帰を目指して、早めにリズムを立て直したいところ。近況の勢いなら、来期A1級復帰を決めている岡村仁、さらに中村辰也らが侮れない。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3499 市川哲也 (広島)
  • 3876 中辻崇人 (福岡)
  • 3918 深井利寿 (滋賀)
  • 4364 池永太 (福岡)
  • 4537 渡邉和将 (岡山)
  • 4719 上條暢嵩 (大阪)
福岡支部の注目選手

3876 中辻崇人

地元大将格として狙うは優勝の2文字!

得意な水面&得意な季節でペースアップを図る。中辻といえば福岡支部内でも屈指の水面巧者。15年6月戦から18年5月戦まで10節連続優出をマークしており、そのなかには17年のG1九州地区選も含まれている。しかも当地はデビュー初出走に初1着、さらにG1初出場で初優出を果たすなど、ターニングポイントになっている水面だ。しかしながら今年2戦はともに優出を逃しているだけに、今シリーズは雪辱を期しての出場となる。また、中辻にとって冬場は調子が上がる時期。通算で12回の7点勝率をマークしているが、そのうち7回が後期審査期間(11~4月)でのもの。昨年の同時期も各地で優出を積み重ねており、昨年12月の唐津では完全優勝も決めた。旋回勝負が持ち味の中辻にとって、モーターパワーの差が出やすい夏場よりも、同じ土俵で戦える冬場の方が好成績が多いのも納得できる。大好きな水面で今年3回目の優勝を目指す。