10 20 水曜日
本場開門時間10:00
  • 本場
    大阪発刊40周年記念 日刊ゲンダイ杯
  • 場外
    江戸川 GⅠ   津 GⅡ   芦屋 GⅢ   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    江戸川 GⅠ   津 GⅡ   芦屋 GⅢ   丸亀 GⅢ   多摩川 一般   福岡 一般   若松 一般   大村 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

オール福岡!GW特選レース

5月2日(日)・3日(月)・4日(火)・5日(水)・6日(木)・7日(金)

瓜生正義が当地に照準!ほかにも水面巧者集結で見応え十分

今年のGW戦には福岡支部内でも屈指の水面巧者が集結した。瓜生正義はSGで3回、G1で3回を含めて当地V12と実績抜群。今回も優勝争いの中心に立つのは間違いなく、篠崎仁志に並ぶ現役最多の当地V13へと突き進む。仲谷颯仁は当地一般戦では3連続優出中で、しかも目下2連覇中と活躍中。連続優出という点では、平田忠則が目下6連続優出中。枝尾賢は一般戦だと7連続優出中でうち2回の優勝歴を持つ。次いで連続優出中なのが古澤光紀の4回だ。益田啓司と池永太は2連続優出中で、ともに優勝も1回ある。松田大志郎は一般戦では2連続優出中だが、ともに準優勝だっただけに今回は当地初Vへ気合が入る。松崎祐太郎も三大特選制覇へGW戦を残すのみとあって、こちらも気合は十分。ほかでは、昨年のGW戦でワンツーを決めた石川真二と田頭実に、地力確かな今村暢孝らベテラン勢も当地成績は優秀だ。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3783 瓜生正義 (福岡)
  • 3898 平田忠則 (福岡)
  • 4148 枝尾賢 (福岡)
  • 4364 池永太 (福岡)
  • 4544 松田大志郎 (福岡)
  • 4848 仲谷颯仁 (福岡)
福岡支部の注目選手

4614 石倉洋行

F禍を乗り越えた今、ひとつ上の舞台へ

度重なるF事故で級別が安定せず現在の位置づけもB1級ではあるが、元々は3度のA1級経験がある実力者。2021年後期審査期間もここまで勝率6点台半ばをマークし、2月には下関→福岡→大村と3場所連続で優出。7月からのA1級復帰をほぼ決めている。4月蒲郡でFを切ったものの、今シリーズは期が替わっているのでFマークも消えて新たな気持ちで迎えることができる。また、107期のオールドルーキーとしてデビューしたため、3月に41歳を迎えて体力的にはこれから下り坂になるが、年齢とは反比例して選手としてのキャリアは右肩上がりだ。2022年前期審査期間の目標はもちろんA1級を維持することだが、G1戦線での活躍にも期待が懸かる。そのためにも福岡支部のトップレーサーが集結する里帰り戦は、自身にとって絶好の腕試しの機会といえる。持ち味の豪快なレースができる行き足がきていれば、大金星も十分可能だ。