01 19 水曜日
本場開門時間
  • 本場
    本日の開催はありません
  • 場外
    本日の場外発売はありません
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    大村 GⅠ   多摩川 GⅢ   平和島 一般   三国 一般   宮島 一般   徳山 一般   桐生 一般   下関 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

日本財団会長杯争奪戦

1月21日(金)・22日(土)・23日(日)・24日(月)・25日(火)・26日(水)

SG覇者の守田俊介は水面相性も抜群!勢い加速中の山崎郡が迫る

全国屈指の水面巧者として名高い守田俊介は、昨春の当地クラシックで優出。一般戦に限れば目下3連覇中だ。しかもその内訳は2コースまくりが1回、3コースまくり差しが2回と、1枠以外で勝ち切っている点が勝負強さを物語っている。同じ滋賀支部の青木玄太と是澤孝宏も、びわこ育ちとあって当地特有の「うねり」を苦にしないタイプ。ともに当地は優勝歴があり、常に好走する水面だ。近況の充実ぶりが際立つのが、山崎郡だ。通算V12のうち、昨年だけでV7と決定力に磨きをかけ、自己最高勝率も大幅に更新した。岩瀬裕亮と杉山正樹の愛知コンビも、2022年前期審査期間は7点勝率マークと好リズムを刻む。永井源も各地で堅実戦を展開中だ。妹尾忠幸はA1級復帰を果たして復調ムード。同じ岡山支部の山口達也はA2級に降級したが、2022年後期審査期間は11月鳴門と12月江戸川で優勝するなど、既に反撃を開始している。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3721 守田俊介 (滋賀)
  • 4067 永井源 (愛知)
  • 4084 杉山正樹 (愛知)
  • 4448 青木玄太 (滋賀)
  • 4604 岩瀬裕亮 (愛知)
  • 4760 山崎郡 (大阪)
福岡支部の注目選手

5018 竹下大樹

事故禍を乗り越えてA級復帰を目指す!

当地フレッシュルーキーを2年間務めた将来のスター候補が、地元水面で再出発を誓う。2021年後期審査期間は勝率5.50を残して初のA級昇級を決めたが、2022年前期審査期間は期初めの当地GW戦でフライング。続く住之江でも妨害失格と転覆失格の憂き目に。さらに9月芦屋ルーキーシリーズでは期間2本目のフライングを切ってしまうなど、高い事故率の影響で本来の積極的な走りが見られなくなった。勝率も4点台しか残せず、新期はB級に降級する結果となった。今節は60日のF休み明け2戦目でレース勘に不安はあるが、当地は全国でどこよりも走っている水面。8月ルーキーSでは予選を上位通過し、F2で出場した9月戦では旋回勝負で3コースまくりを決めるなど、どんな状況でも地元では攻め抜く姿勢を貫いていた。また、今節は師匠の大野芳顕という心強い味方もいる。実力を発揮できる条件はそろっており、地元水面で勢いに乗る!