08 09 火曜日
本場開門時間11:30
  • 本場
    お盆特選レース
  • 場外
    浜名湖 一般   児島 一般   徳山 一般   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    浜名湖 一般   尼崎 一般   児島 一般   徳山 一般   福岡 一般   下関 一般   若松 一般   大村 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

福岡県知事杯争奪 福岡都市圏開設32周年記念競走

2月24日(木)・25日(金)・26日(土)・27日(日)・28日(月)・3月1日(火)

記録更新を狙う篠崎仁志!大ブレイクの山崎郡、村松修二が迫る!

毎年豪華メンツが集結する今タイトル。今年も地元、遠征を問わず現役トップレーサーや将来有望な若手レーサーが博多水面で激戦を繰り広げる。優勝争いをリードするのは、現役最多の当地V13を誇る篠崎仁志だ。昨年は2年連続でSGグランプリ出場と存在感を示し、今年もG1開幕戦の尼崎周年、続く芦屋周年で連続優出を果たすなど絶好調だ。同じ芦屋周年で優出した羽野直也も、今年はSG初制覇を思わせる走りっぷり。枝尾賢は当地実績が抜群で、一般戦に限れば目下10連続優出中。この記録をどこまで伸ばせるか楽しみ。川上剛は持ち味の粘り強い走りで上位へ。遠征勢では、昨年V7マークと大ブレイクした山崎郡が、当地も2連続優出中と好相性。びわこG2を含めて昨年V5の村松修二と、自身初優勝を含めて昨年V2の権藤俊光も本格化ムードを感じさせる。堅実戦に定評のある秋山広一、パワー勝負に持ち込む海野康志郎の両者も上位を外さない。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 4148 枝尾  賢 (福岡)
  • 4324 海野康志郎 (山口)
  • 4477 篠崎 仁志 (福岡)
  • 4760 山崎  郡 (大阪)
  • 4816 村松 修二 (広島)
  • 4831 羽野 直也 (福岡)
福岡支部の注目選手

4403 木下大將

勝手知ったる地元水面でさらに上昇へ!

近況好調の勢いに乗って上位撃破へ。これまでは毎期のようにA2級の勝負駆けが続いていたが、2022年後期審査期間は勝率6.53(2/1現在)をマークしている。1月常滑の短期決戦では、予選をオール3連対にまとめて準優1枠を獲得。準優勝戦は2コースまくりで優出一番乗りを果たした。その後の準優2レースは予選1、2位通過の選手が敗れたこともあって、自身2度目の優勝戦1号艇が巡ってきた。そのチャンスをしっかりと生かして、自身4度目の優勝ゴール。2周1マークでの逆転劇という結果にレース後は「インからの逃げ方が分からない」と苦笑いしていたが、それでも2年ぶりの優勝で意気が上がったのは間違いない。その2年前の優勝は当地水面で、今年の正月戦でも好パワーを発揮して舟券に貢献したのは記憶に新しい。走り慣れた地元水面ならば、いま以上に上昇気流に乗ることも可能。このままA1級初昇級まで突っ走る。