08 09 火曜日
本場開門時間11:30
  • 本場
    お盆特選レース
  • 場外
    浜名湖 一般   児島 一般   徳山 一般   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    浜名湖 一般   尼崎 一般   児島 一般   徳山 一般   福岡 一般   下関 一般   若松 一般   大村 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

日本財団会長杯争奪戦

7月17日(日)・18日(月)・19日(火)・20日(水)・21日(木)・22日(金)

近況好調な塩田北斗は当地も好相性!山崎郡はダービー勝負駆け!

10月に常滑で開催されるSGダービーの選考期間は7月末まで。出場選手では塩田北斗が出場圏内につけている。年間を通して安定した活躍を見せていることは証明済みで、特に4月若松GW戦から6月浜名湖まで5連続優出中と破竹の勢いだ。さらに当地は18年から4年連続優勝中のドル箱水面。地元でダービーの出場権確保、そして来年3月の平和島クラシックへの出場を引き寄せる今年V5へ。山崎郡はダービー勝率7.25(6/26時点)で、ボーダーとの差は0.05。勝率キープへ1走1走が勝負駆けだ。ほかでは、前期V3と決定力がある石川真二と桑原悠に、コース不問の柔軟な立ち回りを見せる山本隆幸、市橋卓士、妹尾忠幸、渡辺浩司らも優勝候補の一角。吉田一郎と村岡賢人はA2級に降級したが、ともに今期はパワフルな走りを披露中だ。石川吉鎬、茶谷信次、井上大輔の3名も、モーター次第では上位に食い込んでくる。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3473 石川真二 (福岡)
  • 4063 市橋卓士 (徳島)
  • 4256 渡辺浩司 (福岡)
  • 4497 桑原悠 (長崎)
  • 4566 塩田北斗 (福岡)
  • 4760 山崎郡 (大阪)
福岡支部の注目選手

5107 松本真広

初尽くしの地元水面で今度は予選突破へ

デビュー6期目はさらなる飛躍を誓う。デビューから1年間は全く舟券に絡めなかったが、2年目は2、3着が増加。1年目よりもレースに取り組む姿勢に変化が見られ、2年目はチルトを跳ねた伸び仕様が奏功した。そして迎えた3年目の当地1月戦で4走目に6コースまくりで待望の水神祭を達成。3走目まではチルト-0.5だったが、4走目はチルト0.5に跳ねたことが結果につながった。最終日には5コースから2着に入線するなど、デビュー初出走を果たした水面で地元ファンに成長した姿をアピールした。続く江戸川ですぐさま2勝目をゲット。その江戸川から枠なりにも挑戦中だ。まだ粗さは目立つものの、勝率以上に地力を強化している印象だ。くしくも今シリーズは初1着をマークした1月戦と同じ「日本財団会長杯争奪戦」。自身にとって縁起のいいタイトルで、次は初の予選突破を目指して力走する!