08 09 火曜日
本場開門時間11:30
  • 本場
    お盆特選レース
  • 場外
    浜名湖 一般   児島 一般   徳山 一般   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    浜名湖 一般   尼崎 一般   児島 一般   徳山 一般   福岡 一般   下関 一般   若松 一般   大村 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

九州スポーツ杯争奪戦

7月26日(火)・27日(水)・28日(木)・29日(金)・30日(土)・31日(日)

実績上位の深川に地元A1級コンビが迫る

SG2冠の深川真二が中心に立つ。昨年に続いて今年もここまで優勝2回とやや不本意な成績だが、元々は下半期に優勝数を伸ばすタイプ。97年以降の当地一般戦は14戦して8優出V6と抜群の実績を誇っており、相性のいい水面でペースアップを図る。地元勢は安定してパワー勝負に持ち込む川上剛と、A1級初昇級と勢いある木下大將のA1級コンビに期待が懸かる。実力ある大神康司と岩崎正哉も、気迫あふれる走りで上位に食い込む。ほかでは、今期3優出V2と好ムードの中辻博訓に、大賀広幸、中岡正彦、森貴洋、古賀繁輝、小野達哉らA1級復帰組も楽しみ。河野大もA1級キープと地力を強化してきている。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3623 深川真二 (佐賀)
  • 3833 中辻博訓 (福井)
  • 3574 大神康司 (福岡)
  • 4294 古賀繁輝 (佐賀)
  • 4189 川上剛 (福岡)
  • 4653 小野達哉 (大阪)
福岡支部の注目選手

4697 國弘翔平

モーターパワーを引き出してまくり勝負

近況は伸び足重視の仕上げで勝率も上昇ムードだ。昨年の同時期は同じ福岡支部の石川真二に教えを請いピット離れ重視の調整に挑戦。しかし独特な調整方法を手の内にすることができず、2022年後期審査期間からは伸び足をベースとした調整に方向転換。その結果、各地で展示タイムトップを連発し、当地正月戦では6コースと4コースからまくり連発。準優勝戦に進出するなど好成績を収めた。その後もまくり中心の活発な走りを見せ、勝率4.84ながら自己最高勝率を更新した。2023年前期審査期間もここまで5点勝率を超える好調ぶりで、6月当地のほぼオール女子戦では最終日にまくり連発で連勝ゴールを決めている。最近の福岡支部は伸び型のプロペラ調整が流行っており、なかでも水摩敦のプロペラの形が主流。その水摩はレーサーとしては先輩だが、元々は幼馴染で選手を目指したキッカケでもある。幼馴染に少しでも追いつくためにも、さらに成長してみせる!