03 01 金曜日
本場開門時間11:00
  • 本場
    福岡ダービー!漫画アクション杯
  • 場外
    GⅠ江戸川 GⅠ   宮島 一般   からつ 一般   
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    江戸川 GⅠ   宮島 一般   芦屋 一般   福岡 一般   からつ 一般   丸亀 一般   若松 一般   大村 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

日本モーターボート選手会長杯争奪戦

5月12日(金)・13日(土)・14日(日)・15日(月)・16日(火)・17日(水)

当地SG覇者の丸岡正典を相手に、山田康二と上野真之介が迫る!

特定のレース場を得意とする選手は多いが、当地で好実績を残しているのが丸岡正典だ。通算V数が多いのは地元・住之江の8回だが、福岡でも優勝4回を数える。当地では12年ダービーで自身2度目のSG制覇を飾り、一般戦に限れば6連続優出中で優勝3回と抜群の戦績を誇る。その丸岡に挑むのは、山田康二と上野真之介の佐賀県同期コンビだ。この両者は近況勝率7点台とリズムの良さに加えて、山田は当地4連続優出中で優勝2回、上野は一般戦では3連続優出中と、ともに水面相性も良好といえる。前出の丸岡と同期の山本隆幸に、当地ではコンスタントに優勝を争う渡邊雄一郎と高野哲史ら近畿勢も上位の一角。近況好調な海野康志郎、浜先真範、井本昌也ら中国勢や、4月児島で初優出初Vをやってのけた栗原直也、復調ムードの赤羽克也と畑田汰一、近況も勝率を伸ばす砂長知輝ら埼玉勢も楽しみ。地元ファンの期待を背負う石倉洋行の走りにも注目だ。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 4042 丸岡正典 (大阪)
  • 4324 海野康志郎 (山口)
  • 4500 山田康二 (佐賀)
  • 4503 上野真之介 (佐賀)
  • 4512 高野哲史 (兵庫)
  • 4614 石倉洋行 (福岡)
福岡支部の注目選手

4614 石倉洋行

SG初出場へ向けてさらに勝率を伸ばす

オールドルーキーとして30歳でデビュー。今年3月で43歳になり、あと2年でマスターズ世代に突入する。体力的な部分では同期はもちろん、自分より年下の先輩レーサーには敵わなくなってくるのは仕方のない事だが、レース内容は全速ターンで勝負する”若い”走りが持ち味だ。それに加えてモーター出しに自信があるのも強み。デビュー前にバイク店でエンジニアとして働いていたことが現在も生かされている。その結果、2022年後期はキャリアハイとなる勝率7.55を残し、2023年前期も勝率7.08をマーク。2023年後期も7点台に迫る勝率を残すなど、充実期を迎えている。一番近い目標は10月蒲郡で行われるSGダービーへの出場で、現在のダービー勝率は7.04。昨年の出場ボーダーが7.19とあって、この開催から7月末までの残り2カ月半は勝率アップが必要な状況だ。SG初出場の夢をつかみ取るべく、地元水面でギアを上げる!