04 21 日曜日
本場開門時間
  • 本場
    本日の開催はありません
  • 場外
    本日の場外発売はありません
ペラボート福岡開場時間10:00
  • 外向発売
    鳴門 GⅠ   戸田 GⅢ   常滑 一般   宮島 一般   からつ 一般   住之江 一般   下関 一般   若松 一般   
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

総展望

一般

マンスリーBOATRACE杯

3月9日(土)・10日(日)・11日(月)・12日(火)・13日(水)

リズムも水面実績も良好な古澤光紀!当地G1覇者の飯山泰が接近

地元A1級の古澤光紀がシリーズを引っ張る。今年は芦屋正月戦で優出3着と好発進を決めると、続く宮島では5コース差しから2マーク逆転のVゴール。2月芦屋の九州地区選は優出こそ逃したが準優2号艇の活躍を見せるなど好リズムだ。さらに純地元の当地は昨年のGW戦を含めて通算V3と水面実績も申し分ない。対抗格は飯山泰。当地はG1初優勝を飾った記念すべき水面で、全24場トップの勝率7点台を残すなど水面攻略には自信を持っている。横澤剛治も飯山と同じく当地V2の実績があり、SG初優出を決めた思い入れの強い水面でもある。2月平和島地区選で優出した一瀬明や、コース不問の走りで魅せる山下和彦と麻生慎介の広島コンビ、パワー戦に持ち込む金田諭と野村誠、近況好調な竹井奈美、原田才一郎、常住蓮らも上位争いに食い込んでくる。

ペラ坊
主な出場予定選手
  • 3641 一瀬明 (東京)
  • 3940 飯山泰 (東京)
  • 3956 横澤剛治 (静岡)
  • 4036 金田諭 (埼玉)
  • 4292 麻生慎介 (広島)
  • 4522 古澤光紀 (福岡)
福岡支部の注目選手

5028 原田才一郎

本来の走りを取り戻してリズム急上昇中

天国と地獄をいっぺんに味わった経験を糧に、未来のスター候補が地元水面で猛アピールへ。2023年後期審査期間は2月常滑の「初優勝シリーズ」でデビュー初Vを飾り、4月三国で2度目の優勝。初のA1級昇級も果たすなど充実の半年間となったが、2024年前期審査期間は期初めの5月にF2本を抱える苦しい立ち上がり。持ち味である攻撃的な走りができなくなったことで勝率も5.54まで下降してA2級降級という結果に。しかし、そこで気持ちが折れないのがスター候補としての素質を感じさせる。F2本から解放された2024年後期審査期間は初戦の若松G1こそ結果を残せなかったが、続く戸田ではまくりでの5勝を含めて10戦8勝、オール3連対とコース不問の攻めで自身3度目の優勝を決めた。その後も12月唐津と1月びわこで優出するなど、A1級復帰へ快調な走りを見せている。近況リズムは現A1級勢にも引けは取らず、今シリーズも要注目だ。