04 09 木曜日
本場開門時間
  • 本場
    ヴィーナスシリーズ第1戦・マクール杯
  • 場外
    本日の場外発売はありません
ペラボート福岡開場時間
  • 外向発売
    本日の発売はありません
文字サイズ
音声読み上げご利用方法とご注意

優勝戦回顧

一般

日刊ゲンダイ杯

2月26日(水)・27日(木)・28日(金)・29日(土)・3月1日(日)

優勝者2876鈴木幸夫(愛知)

ボートレース福岡「日刊ゲンダイ杯」は、1日が最終日。新型コロナウイルスの感染症対策として無観客レースで行われた12R優勝戦は、1号艇の鈴木幸夫(愛知62歳)が制した。スタート展示は5号艇の金子良昭が動きを見せて1523/46。本番も並びは一緒だったが、3号艇の古結宏がカドに持ち出して3対3。深い起こしからのスタートは日常茶飯事の鈴木にとって、100メートル起こしのスタート勘はバッチリ。コンマ11のトップスタートを決めると、3コースから強襲してきた篠崎仁志の攻めをしっかりブロックして押し切り成功。業界最年長A1級レーサーが、22年3カ月ぶりの当地Vを飾った(前回は97年11月のG1周年)。2着は篠崎と、冷静な差しハンドルで浮上した古結の争いに。1周2マークを先取りした古結が、篠崎を振り切って準優勝。篠崎は3着に終わり、現役トップとなる当地V13は次回以降にお預けとなった。

選手名 タイム コース
1鈴木  幸夫1'48"9
.11逃 げ
3古結   宏1'50"0
.13
2篠崎  仁志1'51"4
.14
5金子  良昭1'52"3
.16
6茶谷  信次
.13
4渡辺  浩司
.26
天候 風向 波高 風速 気温 水温
くもり 向い風 2cm 1m 12.0℃ 11.0℃
勝式 組番 払戻金 人気
2連単 950円 3
2連複 710円 4
3連単 2,050円 6
3連複 290円 1
単勝 330円
複勝 100円
290円
拡連複 260円 4
110円 1
260円 4
返還
備考